D_MALL Domingo(ドミンゴ)公式オンラインショップ
 
TOP
2019/03

<< March 2019 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

LINKS

 

MOBILE
qrcode

 

SEARCH THIS SITE

 

ADMIN

 

『エルグレコ』

東京生まれの岡山育ち、作家・原田マハの代表作といえば「楽園のカンヴァス」。アンリルソーの秘作を巡って倉敷・ニューヨーク・スイス・パリと物語は舞台と時代を交錯させながらミステリアスに進んでいくのですが、この作品を読めば読むほど大原美術館の偉大さを再認識します。物語の冒頭で大原美術館の監視員をしている主人公が、エルグレコの傑作「受胎告知」がいかに大原美術館の至宝であり、日本人にとってここでこの絵を目にできることがどれだけ奇跡的なことかをつぶやくシーンがあります。この辺りでぐっと物語に引き込まれていきますね。随所に満載のこってりとした岡山弁も良い味付けになっています。大原美術館、個人的には分館や工芸館もそれだけで十分見ごたえがあるのですが、やはり本館のコレクションは圧巻。特にこの物語を読んだ後に鑑賞するルソーはたまりません。そして鑑賞後のクールダウンは隣接する喫茶「エルグレコ」へ。人間国宝・黒田振秋のテーブルとベンチを配した味わい深い空間でいただくコーヒーはこれまた至福です。児島店へお越しの際にはすこし足をのばして、倉敷の至宝・大原美術館をじっくりご堪能ください。

 

徳持

 

 

 

 




『ティーブレイク』

地元岡山は西大寺の冬の風物詩といえば、国の重要無形民俗文化財でもある西大寺会陽。約一万人のふんどし男が二本の宝木を争奪するハードボイルドなはだかまつりで有名な催しで、"備前平野に春を呼ぶ"と伝えられています。ことしも先週末無事に終了し、気持ち的には春ちかし。とはいえ実際はまだまだ寒いですけどね。児島店の2Fレストスペースでは漁港を眺めながらあたたかなお飲み物をお楽しみいただけますので、お買いもののティーブレイクにご利用ください。

 

徳持

 

 




『アラウンド・名古屋店』

岡山から名古屋を訪れるのは、ちょっとした外国へ行くくらい胸が躍ります。家康が数百年も先を見越して造成した街並みは今ではすっかり大都会ですが、いたるところに連綿と受け継がれた三河・尾張文化や独自に進化した町人文化が見受けられ、掘れば掘るだけはまっていくのが名古屋の魅力ですね。以前のブログで名古屋出張の定番立ち寄りグルメスポットをご紹介したのですが、今回は更にもうひとつ。名古屋での打合せに欠かせないのが喫茶店なのですが、お気に入りはラシックから地続きでいける「コンパル」。本店は大須商店街にありラシックからすぐの栄地下街店も含めて市内に数店舗ありますが、名古屋以外には進出していない地域密着型のローカル喫茶。ここの名物は大きなエビフライが三本入ったエビフライサンド。これは名古屋じゃないと食べれない生粋のソウルフードなのでぜひおためしを。 

 

徳持

 

 

 




  • 1/75PAGES
  • >>


  PAGE UP
D.M.GDMG BrocanteSPELLBOUNDOMNIGOD Copyright (C) D_MALL. All Right